【プロが比較解説】西川エアーとムアツ布団の違い

本ページはプロモーションが含まれています

西川エアームアツ布団のマットレス選びで悩んでいませんか。

いずれもマットレス表面が凸凹加工されている点で似ていますが、実は違いがあります。

そこで当記事では西川エアーとムアツ布団の違いを比較し、どちらがおすすめできるのか検証します。

購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

※なお、当記事では人気モデル「西川エアー01」と「ムアツ布団2フォーム90」で比較していきます。

【快眠マットレスおすすめ2024】人気55メーカー総合ランキング

マットレスの教科書 編集部

睡眠の専門家「睡眠健康指導士」が執筆・全面監修。腰痛歴7年の自らの経験から、ベッド&マットレスのマニアに。
実際に100メーカー以上を体験し、本音で辛口評価(レビュー)しています。

一目で分かる!西川エアーとムアツ布団の比較一覧

はじめに「西川エアー」と「ムアツ布団」の各スペックを見ていきます。

以下の比較表でまとめてみました。

西川エアー ムアツ布団
西川エアー01 ムアツふとん 2フォーム90
種類 高反発ウレタン 高反発ウレタン
料金 セミシングル:46,200円
シングル:46,200円
セミダブル:62,700円
ダブル:79,200円
シングル:44,000円
セミダブル:60,500円
ダブル:71,500円
反発力 ベーシック:110N
ハード:140N
160N+220N
寝心地 適度な硬め 適度な硬め
厚み(高さ) 8cm 8cm
耐久年数 約6~8年 約6~8年
素材 高反発ウレタン 高反発ウレタン
保証 3年品質保証 なし
特徴 凸凹の形が選べる
・ベッドタイプ対応
・大谷翔平愛用
三つ折りタイプ有り
・凸凹の元祖メーカー
・女性に人気

※値段は全て税込み

それでは具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

どっちが良い?西川エアーとムアツ布団の違い

「西川エアー」と「ムアツ布団」はいずれも高反発ウレタン素材を使用しており、厚さも約8~9cmと似ています。

ただしマットレスの硬さや形状にやや違いがあり、具体的には以下を目安に選ぶと良いでしょう。

  • 凸凹の寝心地にこだわるなら「西川エアー」
    →凸凹や厚さの種類が豊富な高反発マットレス
  • 三つ折りタイプが欲しいなら「ムアツ布団」
    →三つ折りモデルもある高反発マットレス

なお、上記については後ほど詳しく解説します。

元々ムアツ布団が凸凹マットレスの元祖

そもそも「西川エアー」は西川株式会社、「ムアツ布団」は昭和西川株式会社と全く別の企業が販売しています。

(※「ムアツ布団」は元々西川グループの関連会社でしたが、現在は独立して別会社となっています)

中でも「ムアツ布団」の代名詞である、ウレタンフォームをタマゴ型フォルムに加工した凸凹構造マットレスは「ムアツ布団」が始まりと言われています。

しかし、のちにこの凸凹構造の商標期限が切れたことで、西川エアーをはじめとした他の寝具メーカーでも凸凹構造マットレスが採用されるようになりました。

そのため「ムアツ布団」が凸凹構造マットレスの元祖となります。

※西川エアーの口コミはこちら

※ムアツ布団の口コミはこちら

違いは5つ!西川エアーとムアツ布団を比較してみた

さて、ここからは「西川エアー」と「ムアツ布団」の違いをより細かく見ていきます。

当記事では、以下の5点についてそれぞれ比較してみました。

  1. 寝心地:西川エアーは凸凹の種類が豊富
  2. 腰痛対策:いずれもおすすめ
  3. 使いやすさ:ムアツ布団には三つ折りがある
  4. 値段:マットレスの値段差はほぼなし
  5. 保証:西川エアーには保証あり

寝心地:西川エアーは凸凹の種類が豊富

「西川エアー」と「ムアツ布団」は、ウレタン素材を凸凹加工にさせているのが特徴です。

結論から言うと、「西川エアー」と「ムアツ布団」はいずれも複数のモデルがあり、普通の硬さから硬い寝心地まで幅広く取り扱っています。

そのため寝心地を一概に比較することはできず、どちらを選んでも自分好みの硬さは見つけやすいでしょう。

ただしその中でも明確に違う点は、「ムアツ布団」の場合は基本的に卵型の凸凹をベースに、下層部のウレタン素材を変えることで各モデルの硬さが変わります。

一方で「西川エアー」は凸凹の形そのものがモデルによって違います。

「ムアツ布団」のような卵型以外にもブロック型(キューブ型)があり、素材に関しても細部にこだわっている印象があります。

そのため「西川エアー」の方が寝心地のバリエーションは広いといえるでしょう。

(※ただし「ムアツ布団」の上位ブランドである「ムアツプラス」「ムアツスリープスパ」も考慮すると、「西川エアー」よりもモデル数は多くなります)

腰痛対策:いずれもおすすめ

次に腰痛対策で比較するといずれもおすすめです。

西川エアームアツ布団は高反発マットレスなので、体が沈みにくく腰部分をしっかり支えます。

また前述通りマットレスに凸凹加工がされていることで、体圧に合わせて凸凹の反発力が調整され、理想の寝姿勢が維持できるでしょう。

ただし腰痛対策には体重がマットレスの硬さに合っているかが大事であるため、「西川エアー」「ムアツ布団」いずれもモデル選びは重要です。

使いやすさ:ムアツ布団には三つ折りがある

次に使いやすさで比較すると、「ムアツ布団」にやや軍配が上がります。

「西川エアー」は基本的に一枚敷きタイプで、付属されたマジックテープでマットレスを丸めて収納します。

一方で「ムアツ布団」は一枚敷きタイプの他に、三つ折りタイプもあります。

三つ折りタイプは簡単に折りたためるだけでなく、お手入れする際もマットレスが自立するので簡単に陰干しできるのがメリットです。

値段:マットレスの値段差はほぼなし

値段に関しては西川エアームアツ布団はほとんど変わりません。

(※「西川エアー01」と「ムアツ布団2フォーム90」で比較)

西川エアー ムアツ布団
セミシングル 46,200円
シングル 46,200円 44,000円
セミダブル 62,700円 60,500円
ダブル 79,200円 71,500円

※値段は全て税込み

「ムアツ布団」の方が2,000円弱安いですが、とはいえ相場はほとんど同じです。

保証:西川エアーには保証あり

最後に保証サービスで比較してみました。

以下のように西川エアーには3年品質保証がありますが、ムアツ布団には保証がありません。

西川エアー ムアツ布団
返品保証 なし なし
品質保証 3年品質保証 なし

品質保証はマットレスにへたりに対する保証で、規定に該当すれば新品交換が可能です。

一方で返品保証はいずれもないため、事前に体験したい場合は店舗などで直接お試し寝する必要があります。

※西川エアーの口コミはこちら

※ムアツ布団の口コミはこちら

【結論】体重が重いなら「西川エアー」手軽さなら「ムアツ布団」

これまでの内容を改めてまとめていきます。

以下は「西川エアー」と「ムアツ布団」の当サイトでの評価を表にしたものです。

西川エアー ムアツ布団
西川エアー01 ムアツふとん 2フォーム90
寝心地 適度な硬め 適度な硬め
腰痛対策 非常におすすめ 非常におすすめ
使いやすさ 丸巻きタイプのみ 三つ折り対応
値段 普通 普通
保証 3年品質保証 なし
耐久性 良い 良い

これらを踏まえて、西川エアーが向いている人・ムアツ布団が向いている人をそれぞれ見ていきます。

西川エアーが向いている人

西川エアーが向いている人

  • 凸凹の形(寝心地)にこだわりたい人
  • アスリート愛用マットレスが欲しい人
  • 肩こりや腰痛対策をしたい人
  • 凸凹マットレスを使いたい人
  • マットレスの品質保証が必要な人
  • 「西川エアー」はプロ野球の大谷翔平選手や田中将大選手といった、多くのアスリートに愛用されているマットレスです。

    そのため人気&知名度が高く、安心のブランドといえるでしょう。

    またアスリートが使用するだけあって、反発力と体圧分散性に優れているのが特徴です。

    そのため正しい寝姿勢に矯正させたい方、腰痛改善させたい方におすすめです。

    またマットレス以外にも、専用のベッドフレームや枕なども販売されているので、寝具一式を「西川エアー」で揃えることが可能です。

    【専門家の西川エアー体験談】口コミ&評判によるマットレス評価

    ムアツ布団が向いている人

    ムアツ布団が向いている人

  • 元祖凸凹マットレスのブランドを使いたい人
  • 三つ折りマットレスが欲しい人
  • 肩こりや腰痛対策をしたい人
  • 凸凹マットレスを使いたい人
  • できるだけ予算を抑えたい人
  • 「ムアツ布団」は凸凹マットレスが厚生省に病院用基準寝具として認められ、凸凹マットレスの流行を作った元祖ブランドです。

    販売から50年以上の歴史があり、根強い人気があるのがわかります。

    また凸凹の形は卵型で、男女問わず万人受けされやすい寝心地となっています。

    さらに「ムアツ布団」の場合、三つ折りモデルもあるので収納性を重視したい方にも最適でしょう。

    ただし品質保証がない点は注意が必要です。

    【専門家のムアツ布団体験談】口コミ&評判によるマットレス評価

    マットレス選びに悩んでいませんか?

    当サイトでは、人気の寝具メーカーを徹底的に調査し、本当におすすめできるマットレスを厳選しました。
    以下のページでは、寝心地の良さ・体への負担の少なさ・コスパの良さ・耐久性の高さなど、バランスの取れたマットレスをご紹介しています。

    マットレス人気ランキングはこちら
    この記事を書いた人
    マットレスの教科書 編集部
    睡眠健康指導士

    睡眠の専門家「睡眠健康指導士」が執筆・全面監修。腰痛歴7年の自らの経験から、ベッド&マットレスのマニアに。 実際に100メーカー以上を体験し、本音で辛口評価(レビュー)しています。 お気軽にご相談ください。詳細プロフィールはこちら