【ブレスエアーの店舗まとめ】ディノス(dinos)との違いは?お試し可能?

「睡眠健康指導士」および「インテリアデザイナー」による監修記事

本ページはプロモーションが含まれています

「ブレスエアーに店舗ってあるの?」「ブレスエアーとディノスの違いって?」などと思っていませんか。

ブレスエアーは多くの企業で販売されており、購入先もそれぞれ違います。

そこで当記事ではブレスエアーの店舗情報をで徹底調査しました。

購入前のお試し寝を検討している方はぜひ参考にしてください。

マットレスの教科書 編集部

睡眠の専門家「睡眠健康指導士」が執筆・全面監修。実際に100メーカー以上のベッド・マットレスを体験し、辛口評価(レビュー)しています。
また「インテリアデザイナー」として、ソファやテーブルなどのインテリアや、部屋のコーディネートに関するご質問やご相談も受け付けております。

ブレスエアー(R)敷布団NEO

丸洗い可能なファイバー素材
通気性抜群で蒸れにくい
ディノス敷布団部門15年連続No.1

評価
A評価 (4.2 / 5)
種類
高反発ファイバーマットレス
価格
セミシングル:21,450円(税込)
シングル:21,890円(税込)
セミダブル:29,590円(税込)
ダブル:32,890円(税込)
クイーン:43,890円(税込)
硬さ
適度な硬め
厚さ
約5.5cm
寿命
約5~6年(密度D:非公表、復元率%:非公表)
素材
ファイバー
保証
なし
生産国
日本製

\ 通気性抜群 /

ブレスエアーの購入先店舗は2種類

ブレスエアーの購入先は主に「実店舗」と「オンライン店舗」の2種類あります。

①ブレスエアーの実店舗

ブレスエアーの実店舗は全国的にあり、大きなショッピングモールから小さな布団屋まで幅広く取り扱っています。

実店舗(取扱店舗)のメリットは、購入前に実際に寝心地を試せること。

ブレスエアーの返品保証は基本的にないため、事前のお試し寝をしたい方は実店舗での購入がおすすめです。

②ブレスエアーのオンライン店舗

ブレスエアーはオンラインショップ(オンライン店舗)でも購入可能です。

販売メーカー専用のオンラインショップだけでなく、Amazonや楽天といった人気通販サイトでもブレスエアーの取扱いはあります。

オンラインショップ(オンライン店舗)のメリットは、ネット内で購入が完了するので、手間がかからずに簡単に購入できる点です。

ただし実物は見られないので、前もって口コミなどで確認しておくことが大事です。

※ブレスエアーの店舗とディノスの違い

ブレスエアーとディノスの違いは、ブレスエアーが寝具の名称であり、ディノスはブレスエアーを販売する通販ショップの名称です。

そもそもディノス(dinos)とは、寝具や家具などを取り扱うオンラインショップであり、中でもブレスエアーが人気の商品となっています。

そのためブレスエアーを購入する際は、実店舗またはオンラインショップ(ディノスや楽天など)で検討すると良いでしょう。

\ ブレスエアーNEOの購入はこちら /

【実店舗で直接購入するなら】ブレスエアーの店舗

ブレスエアーの店舗は大型ショッピングモールやホームセンターではなく、個人経営のふとん屋での取り扱いが多いです。

詳しい店舗情報については、東洋紡株式会社が取扱店リストで公開しているので、そちらでご確認ください。

なお、場合によっては取り扱いを終了した店舗もあるので、足を運ぶ前に一度電話確認すると良いでしょう。

\ ブレスエアーNEOの購入はこちら /

ブレスエアーを店舗で買うメリット・デメリット

最後にブレスエアーを実店舗で購入するメリット・デメリットを改めてみていきます。

店舗のメリット
店舗のデメリット
  • お試し寝ができる
  • 店員からの説明が受けられる
  • 寝心地に失敗しづらい
  • 手間がかからない
  • ネット通販の方が安く買える場合がある
  • 冒頭でもお話したように、実店舗の強みはブレスエアーをお試し寝できる可能性があるという点です。

    ただし、オンラインショップといったネット通販では頻繁にセールを実施していることがあり、実店舗で買うより安く済む場合があります。

    なお、現在実施中の割引情報については、下記記事でまとめているので参考にしてください。

    【2024年6月最新速報】ブレスエアーの割引セール&クーポンキャンペーン

    ブレスエアーにショールームやお試し体験会はある?

    ブレスエアーを開発する東洋紡が主催のショールームはありませんが、フランスベッドのショールームでブレスエアーをお試し体験できる場合があります。

    フランスベッドでは東洋紡と企業タイアップをし、ポリエステル中空三次元構造体『ブレスエアエクストラ』というブレスエアー素材を使用したマットレスが販売されています。

    ただしブレスエアーで販売されている敷布団や薄型マットレスのような商品ではなく、厚みのあるベッドマットレスなので留意しましょう。

    ふるさと納税にはブレスエアーがある

    ブレスエアーにはふるさと納税があり、マットレスや敷布団、枕を取り扱っています。

    詳しくはこちらからご確認ください。

    \ ブレスエアーNEOの購入はこちら /

    ブレスエアー(R)敷布団NEO

    丸洗い可能なファイバー素材
    通気性抜群で蒸れにくい
    ディノス敷布団部門15年連続No.1

    評価
    A評価 (4.2 / 5)
    種類
    高反発ファイバーマットレス
    価格
    セミシングル:21,450円(税込)
    シングル:21,890円(税込)
    セミダブル:29,590円(税込)
    ダブル:32,890円(税込)
    クイーン:43,890円(税込)
    硬さ
    適度な硬め
    厚さ
    約5.5cm
    寿命
    約5~6年(密度D:非公表、復元率%:非公表)
    素材
    ファイバー
    保証
    なし
    生産国
    日本製

    \ 通気性抜群 /

    マットレス選びに悩んでいませんか?

    当サイトでは、人気の寝具メーカーを徹底的に調査し、本当におすすめできるマットレスを厳選しました。
    以下のページでは、寝心地の良さ・体への負担の少なさ・コスパの良さ・耐久性の高さなど、バランスの取れたマットレスをご紹介しています。

    マットレス人気ランキングはこちら
    この記事を書いた人
    マットレスの教科書 編集部
    睡眠健康指導士

    睡眠の専門家「睡眠健康指導士」が執筆・全面監修。実際に100メーカー以上のベッド・マットレスを体験し、辛口評価(レビュー)しています。 また「インテリアデザイナー」として、ソファやテーブルなどのインテリアや、部屋のコーディネートに関するご質問やご相談も受け付けております。 詳細プロフィールはこちら